10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

みんな大好きイルミナティ

イルミナティ、フリーメイソン、都市伝説、政治、社会情勢、闇権力陰謀暴露!New World Order暴露!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

反ユダヤ信者が絶対に言おうとしないのこと 

出会い系詐欺被害⇒法律事務所へ




反ユダヤ主義の謎・謎・謎

「ユダヤ人が大量に押し寄せている!」ーーあるカナダ人入国管理官が同僚に言った。

 時は1951年。 管理官は、赤ん坊を連れた若いカップルの書類を確認していた。私の父は英語を理解できた。父はナチスの迫害を辛うじて逃れたのだった。
しかしこれが、カナダでの最初の歓迎だった。

 幸いなことに、父は先発者ではなかった。私たちはさほど偏見を受けず、.我が家は繁栄した。

 にもかかわらず、両親は同化したがった。子供たちには、ユダヤ人社会とは結びつかないような英語風の名前をつけた。
わが家で行なわれたユダヤ教の行事は、金曜日に母がロウソクに日を灯したことと、主要な祭日を祝ったことくらいだ。

 両親は、亡くなった祖父母についてめったに話さなかった。まるで、ユダヤ人であることが忌まわしいことだと思っているようだった。
私は確かに同化した。したがって、現在八五歳の父が、私を勘当したのは皮肉だ。
父は、私が単純化された説明ではあきたらず、反ユダヤ主義を別の方法で理解しようとしたことが許せなかったのだ。

 反ユダヤ主義が非合理的でない事実は、ナチスによる虐殺を正当化するものではない。
ユダヤ人が、実際に何が起きたのかを知りたいのだと理解してもらいたい。 きちんと検証せずに、再び同じことが起こらないとの確証は得られないのだ。

壊れやすいガラス跡ように扱われるユダヤ問題

 反ユダヤ主義は、ユダヤ人が想像するような、非ユダヤ人による非合理的な憎悪でも疫病でもない。
主としてキリスト教およびイスラム教の国家、文化、人種、宗教が、始息な方法(フェミニズム、大衆文化、世界政府)で絶滅の危機にさらされたときに取る健全な防衛機能だ。

 私が読んだたいていの「反ユダヤ主義」書籍には、驚くほど憎悪や怨恨が含まれていない。
ユダヤ人に対する暴力を擁護しているのでもなく、今日イスラエルのユダヤ人が享受する国家的・人種的特性を維持する方策を紹介しているのだ。
「キリスト教」と「ユダヤ教」の世界観の対立が、西洋世界発展の中心的要素だつた。
「キリストの到来は、ユダヤ人、とりわけユダヤ人指導者にとって国家的大事件だった」とレオン・ド・ボンサンは記している。
「それまでのユダヤ人は、契約を受け継ぐ息子たちの立場を独占していた。 推一の受益者であり、大司祭の役割を務められるのは彼らだけだった。
ユダヤ教が2000年もの間キリスト教に示し続けた敵意が、現代社会の崩壊の原動力となつている。

〔ユダヤ人は〕精神の神秘的な世界を否定する理由を掲げた。 ユダヤ人は不信心の医師だった。 心に反抗心を抱く者はみな、ユダヤ人のもとにやってきた。
隠れて来る者もいれば、堂々とやってくる者もいた……」(『ユダヤ教とヴアチカン』)

「ユダヤ人間題」は何百年もの間、重要な問題とされてきた。1879年にはすでに、ドイツ人作家が真正面から議論できない話題だと嘆いている。
「1848年以降、我々ドイツ人がユダヤ人についてどんなに些細なことでも批判をすれば、出版業界から袋叩きにあった」とヴイルヘルム・マールは記している。
「〔ドイツ人を風刺するときの〕ユダヤ人にはまったくデリカシーがないのに、私たちがユダヤ人について語るときは、壊れやすいガラス製品や非常に敏感な植物でも触るような扱いが求められる」(『現代世界における反ユダヤ主義(Anti-Semitism in the Modern World)』1991年)




非ユダヤ人には徹底隠蔽する信仰

「ヒトラー以前にもっとも影響力のあったドイツ人反ユダヤ主義者」と呼ばれたテオドル・フリツツの影響力のある著書、『ユダヤ人問題ハンドブック(Handbuch der Jundenfrage)』(1896年)は十数版も増刷を重ね、ナチス時代はドイツの学校で教材として使われた。 第二次世界大戦後は大半が燃やされた。

『ハンドブック』は1927年に英語に翻訳され、『ユダヤ人の成功の謎』と新たな書名をつけられ、F・ローデリッヒ=ストルトハイムというペンネームで出版された。
数が非常に少ない本で、今も原書は最高値で1000ドルもする。

 フリッツは、口角泡を飛ばす扇動家のイメージではない。著書を読んで、精神性の高い洞察をする教養の高い人物だと私は感じた。
彼は、ユダヤ教が一神教を名乗れないと主張する。 ユダヤ教の神は普遍的でないからだ。
「ユダヤ教の神がキリスト教と同じような存在だとみなすのは、神学者たちの致命的な過ちだ。 詳しく調べると、エホバはユダヤ王国の排他的な神であり、他の人類の神ではないのだ」

 フリッツは旧約聖書から多くの節を引用し、ユダヤ人が神と交わした契約には、「非ユダヤ民族には非友好的な意味合いが含まれている」と述べている。



                            しぎよう
 たとえば、「求めよ。わたしは国々をお前の嗣業(しぎょう)とし、地の果てまで、お前の領土とする。お前は鉄の杖で彼らを打ち…」(詩編、2編8~9節)

 結果として、タルムード(ユダヤ教の法典)には、ユダヤ人用の道徳とウシやブタとみなされる非ユダヤ人用の道徳がある。
フリッツは多くの引用をもとに、非ユダヤ人が相手なら嘘をつき、騙し、盗みを働いてもよいと記されていると指摘した。

 フリッツは、反ユダヤ主義とは、このような敵慢心に対する自然な反応だと結論づけている。
多くのユダヤ人が実際にこうした敵対態度を取っているとも付け加えている。こうした信仰は非ユダヤ人には秘密にされている。
そのためフリッツは、ユダヤ教が非ユダヤ人に対する陰謀だとする。ユダヤ教の目的は、契約を達成し、富を支配することで人類を征服することだ。

 フリッツは、すべてのユダヤ人がこの計画に加担しており、例外はいないと主張している。
私はドイツ人や祖国を持つ非ユダヤ人の権利を尊重するが、フリッツのユダヤ人に対する人種差別的な判断は間違っていると思う。

 非ユダヤ人を敵視するユダヤ教の特性は、多くのユダヤ人にとって新しい発見だ。非ユダヤ人同様、彼らもまた洗脳されているからだ。

 他のドイツ人(ナチスなど)の言動について自分が非難された場合、フリッツはどう受け止めただろうか。 
ユダヤ人は個人であり、個人としての行動で判断されるべきだ。大半がユダヤ教から離れており、フリッツが上に引用した文言に不快感を抱くはずだ。

ユダヤ教はなぜキリストを拒絶するのか

ユダヤ人は、自分たちとユダヤ教の関係を見直さなければならない。 ユダヤ教がなぜキリストを拒絶するのか。その意味は大きい。

 キリストは普遍的な神であり、普遍的な道徳を象徴する。キリストは、人類が自然に次の段階に進むと説いている。
ユダヤ人は、自分たちの人種的特性を守りながら、この教えを受け入れるべきだった。

 パリサイ人がキリストの教えを拒否したことで、ユダヤ人は常に、人類の最高の利益と人間の精神的成長という究極かつ不可避な道に立ちはだかる立場に置かれてしまったのだ。

 キリストは、神とは愛であると説いた。愛は基本計画だ。愛は光だ。「隣人を愛しなさい。人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい」。
パリサイ人は、人類の友愛と利他主義を説くキリストの教えのどこが間違っているというのか。

 パリサイ人の行動は、ユダヤ人が神の意思(実際は自分たちの意思だが)を執行する「選ばれた民」だとするユダヤ教の特別な教えを否定している。



人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
2013/02/28 Thu. 17:04 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://freeilluminati.blog.fc2.com/tb.php/8-2b0e9a40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。