07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

みんな大好きイルミナティ

イルミナティ、フリーメイソン、都市伝説、政治、社会情勢、闇権力陰謀暴露!New World Order暴露!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

狂信国家イスラエルが認めるべき歴史の真実 




狂信国家イスラエルが認めるべき歴史の真実

 今日でもナクバは、ガザ地区、ヨルダン川西岸地区、そして分離壁沿いで続いている。
レバノン、アフガニスタン、イラクでも続いているということもできよう。 イスラエルが言うところの「既成事実」を強化するために、新たな入植地の建設も進められている。

 イスラエル国民とその支持者の大多数は、道徳的な「既成事実」で塗り固められている。 
ホロコーストや「独立戦争」の事実を偽られてきた彼らは、道徳的な憎悪にまみれている。 多くの人がそれにあわせて人生を築き上げてきた。今になつてどうすればよいのだろう。

 もし、進む道を間違えてしまったなら、それが正しい道であるふりをしても仕方がない。
向きを変えて、もと釆た道を引き返さなければならない。 早ければ早いほどよいだろう。 もし私がイスラエルに住んでいたなら、真実を暴こうとするか、国を離れるだろう。

 シオニストは事実を認め、謝罪の意を表すると同時にパレスチナ人に十分な賠償を行なうという二本立ての解決策をとるべきだと思う。 帰還権には制限を設けるべきだろう。

 パレスチナ人はそれを受け入れるだろうとイラン・パペは言う。
パペは類い稀な歴史学者だ。 誠実で、勇気があり、真のユダヤ精神にのっとった道義をわきまえている。 
彼の研究は、長いあいだ否定されてきたパレスチナ人側の事件の真相を「完全に擁護する」ものだという(一方で「ナクバ否定」は誰からも犯罪扱いなどされていない)。

 イスラエル国民は、地獄の炎に包まれてしまう前に、二八〇度の方向転換をはかり、私たち残りの人間を率いていく必要がある。
フリーメイソンのイスラエル人指導者を介して、イルミナティがイスラエルを支配している。 イルミナテイはすでに一度ならずユダヤ人を裏切った。

 パペは楽観視していない。 2006年7月の計画的なレバノン攻撃が我慢の限界だった。
ハイフア大学教授だつた彼は、ハト派の同僚が政府の理由付けを鵜呑みにするのをじつと見ていた。 彼らは悪魔の「既成事実」にとらわれている。
どちらかといえば、現在のイスラエルは以前よりも狂信的だ。パペはイスラエルを離れ、イギリスのエクセター大学で歴史学の教授になった。

 人類が平和に繁栄する道は一つしかない。たとえ自分自身の罪を問うものであったり、痛みをともなうものであったりしても、それを真実だと認めることである。




人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
2013/03/08 Fri. 23:03 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://freeilluminati.blog.fc2.com/tb.php/50-81ab6072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。