10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

みんな大好きイルミナティ

イルミナティ、フリーメイソン、都市伝説、政治、社会情勢、闇権力陰謀暴露!New World Order暴露!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

9.11の随所に残されたモサドの痕跡 




9.11の随所に残されたモサドの痕跡

イルミナティは常々、自分たちのよこしまな目的を前へ推し進めるために、反ユダヤ主義を利用してユダヤ人を惑わしてきた。
『シオン長老の議定書』のなかで語り手は、イルミナテイが「我々以外はどんな支配勢力をもすべて排除」してきたと打ち明けている。 
それにもかかわらずこの組織は、反ユダヤ主義を生み出さんがために、世界支配というみずからの計画への攻撃をあえて許した。
「反ユダヤ主義は、劣等な同胞を操作するのになくてはならないものだ」(第九議定)

 幼いころからユダヤ人は、自分たちが不合理にも嫌われていて、イスラエルはホロコーストの再来を防ぐ保護手段なのだと教え込まれる。
この姿勢は、敵を非人間的な存在に変え、真の自己批判の必要性を排除する。多くの場合、ユダヤ人の問いは真か偽か、正か誤かということではない。「ユダヤ人のためになるかどうか」なのだ。

 人々に精神的なショックを与え、理性のない鬼どもが自分たちの生存を脅かしていると思い込ませることは、効果の高いマインドコントロールの方法である。
そうした人々は道徳観や理性をあっさりと捨て、必要とあらば、みずから、知性をもたない残忍な殺人鬼になつてしまう。
彼らは、まったくユダヤ人ではないかもしれないカ、反ユダヤ主義かもしれないカ、最終的にはユダヤ人の破滅をもくろんでいるカにいとも容易く利用されてしまう。




 今、イルミナテイはアメリカ人に対して同様の戦術を用いている。
イスラエルの情報機関モサドの痕跡は、9・11テロ事件のいたるところに残されている。 明らかに、
イスラエルの海運会社ZIMコンテナラインは、事件の一週間前に世界貿易センターから従業員二〇〇名のオフィスごと引き揚げ、賃貸契約の中途破棄で多額の違約金を支払った。
アラブ人とされる七名の「ハイジャック犯」は今も生きているようである。

 もしオサマ・ビンラデインが存在していなかったとしたら、アメリカとイギリスは彼を作り上げたことだろう。
ごく最近の1996年まで、彼がイギリスの情報機関MI6から資金を受け取っていた証拠がある。 
フランスの日刊紙フイガロによれば、2001年7月、ビンラデインがドパイでCIAの支局長と会っていたという。
ビンラデインは、偽りの「文明の衝突」をけしかけている者たちの目的に合致しているのだ。

 アメリカ国内では、ユダヤ人迫害が文化の典型例になつてしまっている。
近ごろでは、女性や同性愛者がユダヤ人役で、自分たちは弾圧されているのだと教え込まれている。 何百万人もの生活が崩壊しっつある。
イルミナチイの密かな計画は、社会の赤血球である家族制度を攻撃して、社会の免疫システム、すなわち専制政治に抵抗するカを失わせることだ。

要するに、「隠された攻撃」や「偽の作戦行動」は、イルミナチイが長期計画を実行に移すための最初の手段である。
アメリカ人はでっちあげられたイスラムの脅威に迫害される者となるように仕向けられている。
アメリカ国民という名のもとに何がなされているかに気づかないまま、彼らは今、「なぜ嫌われるのか」と自問するユダヤ人と化しているのである。




人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
2013/03/08 Fri. 22:34 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://freeilluminati.blog.fc2.com/tb.php/42-86b75f48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。