10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

みんな大好きイルミナティ

イルミナティ、フリーメイソン、都市伝説、政治、社会情勢、闇権力陰謀暴露!New World Order暴露!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

優雅な余生を送った英国派遣K G Bスパイたち 




優雅な余生を送った英国派遣K G Bスパイたち

 英国は、外交・安全保障部局にいた五人のソ連上級「スパイ」に痛い目に遭わされた。しかし、ソ連(とイスラエル)はどちらも英国のフリーメイソンが作り出したものだ。
つまり、この世界政府の陰謀の中心にいるのは英国のエリートたちで、実際それは包装を新たにした「英国」帝国主義にほかならない。あきれたことに、五人日のスパイだったアンニー・プラントは、1979年にその「正体が明らかになった」とき、エリザベス女王の個人的な美術鑑定家を務めていた。

 もう一つの危機は、1945年、イスタンブールの内務人民委員部の長官で、副顧問の名の下にスパイ活動をしていたコンスタンティン・ヴォルコフが逃亡について尋問を受けたときだ。 モスクワの中枢で働いていた彼は三〇〇人のスパイに関する情報を持っており、そこには英国外務省の二人のスパイのほか、「ロンドンの防諜機関を指揮する」もう一人のスパイも含まれていた(スティーヴンソン『イントレピッドの最後の事件』)。

 ロンドンに何人の防諜指揮官を抱えているのかは知らないが、MI5の長官スチュアート・メンジーズは、防諜指揮官のキム・フィルビーにその件の「面倒をみる」ように指示した。
そしてフィルビーは面倒をみた。ヴオルコフとその妻は大量の鎮静剤を投与され、拷問と処刑のためにモスクワヘ運ばれた。
フィルビーは後に引退してモスクワへ逃れ、KGB将校としての満足な年金をもらって余生をすごした。同じくガイ・パージェスやドナルド・マクリーンなど、より明白なスパイとして英国外務省の中心にいた者たちも、最終的にはロシアの保養地の別荘に隠居した。 BBCは、彼らを理想家ではみ出し者の英雄として伝えている。




 英国の原子科学者クラウス・フックスは、水素爆弾の機密情報をソ連に漏らして禁固一四年の刑に処された。しかし、九年後に釈放され、東ドイツヘ逃れて原子核物理学研究所の副所長となつた。 
本当の戦いは「左派」と「右派」によるものではなく、富のすべてを独占しようとする大富豪と、安定した生活を維持するためにわずかな金を求める大衆との長年の戦いである。
敵は資本主義ではなく、独占資本主義であり、企業ではなく、究極の独占として世界政府を目指すカルテルである。
共産主義は策略にすぎず、銀行家たちはそれによって人類の集団的本能を取り込み、間違った理想主義をその悪魔的陰謀に利用した。

 本当の敵はイスラム教ではなく、西側社会の中心部を侵食している古くからの悪魔的カルト集団である。彼らは人類をその本来の健全な進路からハイジャックし、巧妙な社会統制の手段を使って奴隷化しょうとしている。




人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
2013/03/07 Thu. 17:28 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://freeilluminati.blog.fc2.com/tb.php/37-d35ab6dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。