10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

みんな大好きイルミナティ

イルミナティ、フリーメイソン、都市伝説、政治、社会情勢、闇権力陰謀暴露!New World Order暴露!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

旧ソ連への世論は近代の夢を見るか? 




ある仕掛けが旧ソ連への世論を一変させた

 レスター・ピアソンはカナダの有力政党である自由党の党首だった。彼は1921年から1948年まで(途中六年間を除いて)、首相マッケンジー・キングの支援を受けていた。

 J.D・ロックフェラーはマッケンジー・キングを「我が親友」と呼んでいた。キングは1914年から1918年にかけて、大衆を陥れ、大きな政府をつくり出すための企業内組合や「社会改革」政策を展開し、ロックフェラーに役立った。
ロックフエラー家はロスチャイルド家の米国代理人で、ケベックを拠点とするポール・デスマライス一族(パワー・コーポレーションなど)を仲介者としてずっと自由党を支配してきた。元首相のポール・マーティンは、デスマライスに談合によってカナダ汽船会社を譲り受けた恩義のある元社員である。

1945年9月、エリザベス・ベントレーがGRUを離脱する三カ月前、オタワのソ連大使館の暗号係だったイゴール・グーゼンコが、西側での大規模なソ連諜報活動に関する証拠書類とと
もに逃亡した。
当初、キングは彼らが重大な危機にあつたにもかかわらず、職員たちにグーゼンコとその家族を引き止めるように命じた。
勇敢で哀れなその家族はオフィスからオフィスヘとたらい回しにされ、罪証となるような書類を持ってオタワを駆けめぐつた。グーゼンコ一家は事実、ソ連大使館に戻るか、さもなければ自殺しろと言われたのだ!

 それはなぜか。 表向きとして、キングは貴重な戦時同盟国であるソ連を怒らせたくなかった。
そして実際、「謎めいた」人物として知られていたキングは、レスター・ピアソンや自分のようなソ連の(つまり、イルミナティの)スパイが西側の支配的エリートにはびこつていることをグーゼンコに暴露されるのを恐れていた。




 グーゼンコが助かったのは、イルミナティがすぐに彼の利用法を考え出したからのようだ。
上級スパイの一人で「イントレピッド(恐れを知らぬ)と呼ばれた男」、そして英国特殊作戦執行部のリーダーだったカナダ人のウィリアム・スティーヴンソンが、突如としてニューヨークから現われ、グーゼンコ一家を保護した。

 彼は偽りの「冷戦」を始めるためにグーゼンコの暴露を利用した。
ソ連があちこちにスパイを抱え、原爆に関する秘密を盗み出しているというニュースは世間を驚愕させ、ソ連に対する世論を一夜にして好意から敵意に変えた(ウィリアム・スティーヴンソン 『イントレピッドの最後の事件(Intrepid's Last Case)』)。

 この策略は、エリート陰謀の首謀者たちが明るみに出ることなく、カナダ内外で冷戦を正当化するのに十分な恐怖を生み出すためのものだつた。
彼らの犠牲となつたのは原子科学者のアラン.ナン・メイのような下っ端で、彼はスパイ行為で逮捕され、六年の刑に処された。 しかし、レスター・ピアソンのようなエリート反逆者の幹部たちは無傷だった。

 一方、グーゼンコは不安定な状態に置かれた 彼の尋問記録は失われ、事件に関連するマッケンジー・キングの日記も国立公文書館から消えた。
グーゼンコは自由党や左派グループから日常的な中傷を受けた。

 ところで、ピーター・ライトの『スパイキャッチャー』によれば、スティーヴンソンの副官フォン・ペトロフはソ連のスパイだったという。イルミナティに仕えていなかった者などいるのだろうか。



国務省高官アルジャー・ヒスの黒い役割

 米国でこれと同じことが起きたのは、1938年、ソ連工作員のホイッタカー・チェンバーズが逃亡したときだつた。
1939年、彼はフランクリン・D・ルーズヴェルトの国内治安担当補佐官だつたアドルフ・バーリと会い、重要な地位にあつた多数のソ連工作員を密告した。 その中には後に財務次官補となつたハリー・デクスター・ホワイトも含まれていたが、何の措置もなされなかった。

1948年、冷戦をさらに煽るため、彼らはアルジャー・ヒスに対するチェンバーズの告発に世間の注目を引きつけた。
ソ連のスパイだったヒスは、ヤルタ会談でルーズヴェルトの顧問を務めた国務省の高官だった。彼は国連憲章も起草し、1945年にはその初代臨時事務総長を務めた。
ヒスは自分についての噂が流れ始めると、公職を辞任してロックフェラーの「カーネギー国際平和財団」の理事となった。

 共産主義の規律に従い、ヒスは潔白を主張して憤慨するふりをし、チェンバーズとその支持者が「魔女狩り」をしていると非難した。
ヒスはチェンバーズを名誉毀損で訴え、東海岸主流派の「有力者たち」が彼の擁護に回った。その中にはフェリックス・フランクファーターやアドレイ・スティーブンソンが含まれていた。 残念ながら、チェンバーズがヒスの自筆の証拠文書を提出したため、ヒスは比較的軽微な偽証罪で禁固三年入力月の刑に処された。




人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
2013/03/07 Thu. 17:23 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://freeilluminati.blog.fc2.com/tb.php/36-6fc8f556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。