10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

みんな大好きイルミナティ

イルミナティ、フリーメイソン、都市伝説、政治、社会情勢、闇権力陰謀暴露!New World Order暴露!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

戦争も歴史も偶然などありえない 




戦争も歴史も偶然などありえない

 ヒトラーは英国との戦争を望まなかった。英国を民族的同胞と考え、本格的な戦争になることを恐れた彼は、何度も和平を提案し、ヨーロッパを自由にする代わりに英帝国を支持し、相当な国家的自治権を認める(たとえば、ヴィシー政府)と約束した。
1941年5月、ヒトラーは講和を求めて代理のルドルフ・ヘスを英国へ送ったが、チャーチルはヘスを監禁させた。

1941年6月のロシア侵攻後、ヒトラーのユダヤ人政策は排斥から撲滅へと転じた。彼はロシア共産主義をユダヤ現象の一つと見なし、ドイツは大量殺戟の死闘へとのめり込んでいった。

 もし英国が和平に応じるか、条件付き降伏を考慮していれば、そんなことにはならなかっただろう。 しかし、英国がロシアを見捨てることはあり得なかった。
フランクリン・D・ルーズヴェルトの有名な言葉にあるように、政治の世界では偶然の事件など一つもない。 すべては計画されたものなのだ。




 イルミナティの第二次世界大戦における目的は、経済、政治、オカルトのすべてに及んでいた

 ヨーロッパの国民国家(英国も含めて)を破壊し、何百万人もの命を彼らの神である悪魔に.捧げる一方で、私腹を肥やす。

 ユダヤ人ホロコーストもその計画の一部で、フリーメイソンの「ユダヤ」国家建設を正当化するためのものだった。

 バーナード・ワッサースタインはこう書いている 
「戦争の最初の二年間、ドイツ当局がナチス・ドイツやナチス占領地からユダヤ人を大量脱出させようと尽力していたとき、ユダヤ人難民に対してヨーロッパからの逃げ道を遮ろうと主導したのは英国政府だった」(『英国とヨーロッパのユダヤ人、1939年~1945年(Britain and the Jews of Europe,1939-1945)』)

 歴史で重要なのは、何ごとも見かけとは異なるということを忘れないことだ。
すべては何世紀にも及ぶ計画に従って組織されている。キリスト教文明の薄明が消えうせる一方で、暗黒と不安の時代がこの世に忍び寄っている。




人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
2013/03/07 Thu. 17:10 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://freeilluminati.blog.fc2.com/tb.php/33-c47b1538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。