10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

みんな大好きイルミナティ

イルミナティ、フリーメイソン、都市伝説、政治、社会情勢、闇権力陰謀暴露!New World Order暴露!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

マスコミが絶対に書かないの真実。戦争は「金の卵を産むガチョウ」 




銀行家にとって戦争は「金の卵を産むガチョウ」

 戦争は人類を大量に滅ぼし、堕落させ、奴隷化しょうとする銀行家の長期計画の最重要項目であり、それは彼らの不正な世界的信用支配を守るために不可欠とされる。
この論理から、「革命」の真の意味、そして彼らがなぜ戦争を「革命的」と考えるのかがわかる。

 人類が窮地に立たされているのは、少数グループに金儲けのシステムを奪われたからである。
これは金(きん)取引業者が、自分たちが金を保有していなくても債券という形で資金を手にできると気づいたときに始まった。
彼らは銀行家となり、簡単な簿記によって手持ちの資金以上に債券を発行することもできると考えた。

 彼らはこの「金の卵を産むガチョウ」を利用して、世界の富を支配し、その従犯者に行政やマスコミ、教育を任せた。彼らは国家政府が彼らの印刷する紙幣を保証するように手配した。

 戦争はこうした状況から私たちの気をそらし、私たちを堕落させ、非人間的にして、負債と利益を増大させようとするものだ(銀行家たちは当然、公債をもっとも信頼している)。
中央銀行家たちは社会主義も好きだ。彼らはその金で人々を買収し、年季奉公の契約を結ばせる。




 ウッドロー・ウィルソンはこうした「金権」の手先だった。
しかし、みずからの魂を救済するため、彼は米国の実業家たちが「あまりに組織化され、あまりに巧妙で、あまりに用心深く、あまりに複雑で、あまりに徹底的かつ広範囲である」ために、声に出しては言えないような「どこかの勢力」を恐れていると言った。

 ウィルソンは実際、この勢力について次のように語った。
「この国の重大な独占とは大規模な信用の独占である。偉大な先進国はその信用組織に支配されている。 
そのため、国家の発展や我々のあらゆる活動は、真の経済的自由を抑圧し、妨害し、破壊する少数の者たちの手中にある」(ロバートソン『人類生態学(Human Ecology)』)
「対テロ戦争」を含めて、戦争は中央銀行家による富と権力の独占を守るために世界的警察国家をつくり出そうとするものだ。
そのために誰が選ばれるとしても、彼らは中央銀行家の配下にすぎない。

 フリーメイソンもビルダーバーグも、イユズス会もシオニストも、その背後で権限を握っているのは銀行家である。
彼らが私たちの信用を利用して金儲けするカを手放さないかぎり、人類に明るい未来はない。
その間、私たちの生活は戦争でも何でもない、一連の馬鹿げたでっち上げによって左右される。




人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
2013/03/07 Thu. 15:50 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://freeilluminati.blog.fc2.com/tb.php/30-3801e91e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。