10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

みんな大好きイルミナティ

イルミナティ、フリーメイソン、都市伝説、政治、社会情勢、闇権力陰謀暴露!New World Order暴露!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

知らないと損する『わが闘争』の秘密 




『わが闘争』口述筆記タイプライターの秘密

 象徴的な細かい要素がときに多くを物語ることがある。
 ドイツ最大の銀行であるドイツ銀行の総裁エミール・ゲオルク・フォン・シュタウスは、ヒトラーにレミントン製のポータブル・タイプライターを貸し、ヒトラーはそれを使って
あの悪名高き反ユダヤ人銀行家宣言、『わが闘争』を書いた。

 ナチスの第1の資金調達者であったフォン・シュタウスは、ロスチャイルド家の長年の仕事仲間でもあった。

 ヒトラーが『わが闘争』をタイピストのルドルフ・ヘスとエミール・モーリスに書き取らせたのは、1924年4月から12月にかけての8力月、ランツベルク刑務所で快適な滞在生活を送っているときだつた(彼の五年の刑は減刑され、眺めのいい二間続きの部屋で差し入れや面会も許されていた)。

 フォン・シュタウスは裕福な後援者からなる「ヒトラー支援グループ」の一人だった。ピアノ製造業者の妻であるヘレーネ・ベヒシュタインはヒトラーの養母を装い、その原稿の一部をこつそり持ち出した。 彼女はヒトラーの生計をすべて引き受け、彼が娘のロッテと結婚してくれることを望んでいた。
鉄鋼連合の議長フランツ・ティッセンは、ヒトラーの誕生日に10万マルクを贈った。
ベルギーの作家スタン・ラウリセンスによれば、この話はルドルフ・ヘスが妻に宛てて書いた手紙に基づいている(『ヒトラーに盗まれた第三帝国』)。




 それは草の根の弱小政党を率いていた一九二四年のヒトラーに対する私たちのイメージと矛盾する。実際、彼はそれに反対するふりをしながら、国際銀行家の看板役だった。

 ナチズムと共産主義は、いずれもイルミナティの銀行家がでっち上げた偽りの反対勢力だった。
私たちを次なる世界大戦へ向かわせようと、貨幣を発行する連中があらゆる戦争の背後で糸を引き、両陣営を操っていることを忘れてはならない。

悪の連環=ドイツ銀行、シュタウス、ロスチャイルド家

 ドイツ銀行がヒトラーを生み出す手助けをしたのは、彼が戦争の利益を象徴していたからだ(支店長や重役はナチスに属していた)。
第二次大戦中、ドイツ銀行は占領下の国々の銀行や産業、「アーリア化された」ユダヤ系企業やユダ人の預金口座を支配し、莫大な利益を得た。

 ドイツ銀行の総裁になる前、フォン・シュタウスは同銀行が所有していたルーマニアの石油会社ステアウア・ロマーナの責任者だった。
また、石油カルテルである欧州石油連合の最高経営責任者でもあった。 欧州石油連合は、「その生産物によって最大限の利益を得ることを目的とした実業家の国際組織」だった。

 欧州石油連合はロスチャイルドの利益、ノーベルの利益、そしてドイツ銀行の利益を代表していた。 もちろん、後者の二つにはロスチャイルド家の利益も含まれていたはずだ。

 ナチスの政権掌握後、フォン・シュタウスはドイツ銀行と関係のあったダイムラー・ベンツやBMWといったドイツの主要企業で戦争の根回しを行なつた。
ある研究者はシユタウスを、「歴史研究で正当な扱いを受けることはめったにないが、ワイマールおよび国家社会主義時代における謎めいた人物」と表現している。
彼はナチスの主要な支持者でありながら、ナチスの党員になつたことはなく、「ドイツ銀行の同僚オスカル・ワッセルマンのような財界のユダヤ人有力者とつねに良好な関係を保っていた」(デヴィッド・バンキア編『ドイツの反ユダヤ主義の深みを探る(Probing the Depth of German anti-Semitism)』2000年)

 にもかかわらず、シユタウスはユダヤ人の資産、さらにはずっと昔に改宗し、姻戚関係になったユダヤ人の資産さえもアーリア化することに手を貸した。
ユダヤ人のなかにも内と外、つまり、イルミナティかイルミナティでないかの二種類があったようだ。




人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
2013/03/07 Thu. 15:46 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://freeilluminati.blog.fc2.com/tb.php/29-d4526fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。