10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

みんな大好きイルミナティ

イルミナティ、フリーメイソン、都市伝説、政治、社会情勢、闇権力陰謀暴露!New World Order暴露!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

ヴェルサイユ賠償金とドイツ再軍備の秘密 




ヴェルサイユ賠償金とドイツ再軍備の秘密

ロンドンのディリー・テレグラフ紙のE・デイロンは、著書『平和会議の裏話(The Inside Story of The Peace Conference)』(1920年)にこう記しているー多くの代表が「今後、世界はアングロ・サクソン人によって統治され、さらに彼らはユダヤの構成分子〔すなわち中央銀行家とその雑用係〕に支配されている」と推測した。

 イルミナティの世界支配に向けて英国と米国を利用する上で、ドイツは大きな障害だった。そこで、より破壊的な世界戦争を新たに引き起こすため、重い賠償金が課せられた。
いったんそれが始まると、英国はヒトラーの暗殺や政権転覆の試みを拒否し、「無条件降伏」を主張した。

 ヒトラーが権力の座に就いたのは1933年だったが、ドイツはヴェルサイユ条約に違反して1919年に再軍備を始めていた。
空軍や機甲師団、化学戦のための専用部隊を含めて、共産党とドイツの兵士がソ連で最新兵器による訓練を行なうという計画に連合国は目をつぶった。
ヒトラーが1933年に政権を握ったとき、ドイツはすでに高度な空軍戦力を有してていた。

 ヴェルサイユ条約を逃れるためのもう一つの方法は、ドイツ国防軍が、後に正規軍に組み込まれたナチ突撃隊のような準軍事的組織に資金を提供し、訓練を行なうというものだった。
クルト・フォン・シェライヒャー将軍、カール・マイル大尉、エルンスト・レーム大尉はこの「不正なドイツ軍」を任されていた。




 ディリー・エクスプレス紙のベルリン特派員だったセフトン・デルマーは、自伝『邪悪な爪痕(Trail Sinister )』(1961年)でこれについて書いている。
彼はヒトラーが 「弱小のドイツ労働者党に入り、それを増強し始めたとき、マイルの命令下で行動していた」ことを示す文書に触れている。
デルマーによれば、マイルはヒトラーがユダヤ人を激しく非難する大集会や小冊子にも資金を提供していた。「こうした反ユダヤ主義運動は(中略)ドイツ国防軍の幕僚にも劣らぬ権力
者によって促されていた」

 ドイツ国防軍の目的は、第二次世界大戦に対する国民の政治的支持を生み出すことだった。 デルマーによれば、「シュライヒャーはドイツ国防軍の機密費から二〇〇万ポンドもの金をナチ突撃隊に払った」。彼らはまた、イルミナティの実業家や銀行家からも資金を得ていた(ベルリンで生まれ育ったセフトン・デルマーはヒトラーを個人的に知っており、幅広い秘密情報源を持っていた。戦争中、彼は英国の「偽情報」を担当し、ドイツ兵向けに様々なラジオ局を運営した)。




人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
2013/03/07 Thu. 14:50 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://freeilluminati.blog.fc2.com/tb.php/27-2d55d42c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。