10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

みんな大好きイルミナティ

イルミナティ、フリーメイソン、都市伝説、政治、社会情勢、闇権力陰謀暴露!New World Order暴露!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

YOU!戦争の青写真描いちゃいなYO! 




すべての戦争には青写真がある

 ヴェルサイユ条約のインクがまだ乾かないうちに、イルミナティはアドルフ・ヒトラーとナチスを生み出すことで第二次世界大戦への準備を始めた。

1919年以前、ヒトラーは多くのユダヤ人の友を持ち、共産主義と社会主義の両方にちょっかいを出していた政治的「殺し屋」だった。
その彼が一夜にして激しい反共産主義・反ユダヤ主義者になった、 いったい何が起きたのか。
彼は軍諜報機関の将校となった。1920年代を通して、ドイツ国防軍は密かにヒトラーと彼の党に資金を提供し、ナチ「突撃隊」の訓練を行なっていた。

 私はクルト・フォン・シュライヒヤー将軍が、マックス・ウォーバーグのようなイルミナティの銀行家の中心人物だったのではないかと考えている。
実際、フランクフルトにある彼のIGフアルベンの本社は連合軍の爆撃を免れ、彼のユダヤ人の母親も戦争中ずっとハンブルクで悠々と暮らしていた。
『シオン長老の議定書』の中で、イルミナティの銀行家である起草者は、それが彼らの目的にかなう場合は反ユダヤ主義を生み出したり、正当化したりするとしている。
「反ユダヤ主義は我々の下層の兄弟たちを監視するために必要だからである。(中略)これについてはすでに討議が重ねられてきた」(第九議定)。
ヒトラーは反ユダヤ主義がいかにして生み出されたかの一例である。
起草者はこう続けている。
「すべてを飲み込んでいく恐怖は我々が生み出している。あらゆる意見、あらゆる学説を持った者たちが我々の用を務めている。
帝政復興主義者や民衆扇動家、社金主義者、共産主義者、そして各種の空想論者が(中略)既存の株序を覆そうとしている。全世界がこれに悩まされている。
(中略)しかし、我々は彼らが公然と我々の国際的超政府を受け入れるまで、彼らに平和を与えるわけにはいかない」

 新世界秩序、国際連合、欧州連合、北米連合、そして今日までのすべての戦争の背後には、明白な形での青写真がある。
しかし、銀行家たちはそれに注意を向けることが「人種差別主義」になると私たちに思わせてきた。まるでユダヤ人の多くが、彼らの邪悪で忌まわしい陰謀の意識的な加担者であるかのようだ。

 近代史は、無用の戦争を煽り、国家や宗教、民族や家族に基づく私たちのアイデンティティーを破壊することによって、人類を奴隷化しようとするこうした長期計画から成っている。
ほとんどの歴史家は買収され、アウシュビッツやグーラグ、ヒロシマ、そしてヴェルダンに関して最終的責任を負うべき連中が今も世界を動かしているという恐るべき事実を覆い隠している。 
9・11やイラク戦争を招いたのも彼らである。

 私たちの指導者はいかに嘘をつき、命令に従えるかといった能力によって選ばれる。紛争とは、実は同じ主人に仕えている「敵対者」の間の茶番にすぎない。




人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
2013/03/07 Thu. 14:42 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://freeilluminati.blog.fc2.com/tb.php/26-ac5af65d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。